品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

色泣き試験<大丸法>

試験説明

水分の移動に伴って染料が濃色部分から淡色部分に汚染する「色泣き」現象を確認する試験。

用途

淡色と濃色の組み合わせやボーダー柄、プリント柄の生地。
 
JISに規定の洗濯試験や汗試験では再現されない色のにじみ(白場への汚染)の確認。

試験方法

試験品の濃色部と白布を縫い合わせた試験片を吊るした状態で、その下端(濃色部)を試験液に浸漬させて2時間放置します。(絹の場合は30分)
 
ボーダー柄やプリント柄は白布と縫い合わせはせず、そのまま吊るします。

試験の様子

試験の様子

試験結果・評価方法

吊るした状態で自然乾燥した後、白布(または淡色部分)に移行した染料の汚染の程度を判定します。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら