品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

破裂強さ

試験の説明

生地を突き破る時の強さを調べます。

用途

生地の品質管理項目として、生地の強さを確認します。

試験方法

JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法に基づいて試験を実施します。
試験方法はJIS法(A,B法)、ISO法(C法)と試験条件によって分かれており、一般的にはA法がよく用いられます。
A法(ミューレン法)は主に編物に適用されます。

 

約150㎜×150㎜の試験片を5枚採取し、ミューレン低圧形試験機を用い、生地の表面を上にしてクランプでつかみ、圧力を加えてゴム隔膜が生地を突き破る強さ(kPa)及び破断時のゴム隔膜だけの強さ(kPa)を測定します。

破裂試験機

写真:破裂試験機

測定部

写真:測定部

測定風景(動画)

試験結果・評価方法

次式によって破裂強さ(kPa)を求め、その平均値を算出し有効数字3けたに丸めます。

破裂強さ(kPa)= ゴム隔膜が生地を突き破る強さ(kPa) - 破断時のゴム隔膜だけの強さ(kPa)

 

評価基準は一般的な目安として、外衣類用500kPa以上、中衣類用400Kpa以上、下着類用300kPa以上とされています。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら