品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

ピリング

試験の説明

生地表面が摩擦などによって毛羽立ち、この毛羽が絡み合って出来た毛玉(ピル)の度合いを評価する試験です。

用途

生地の品質管理項目として、毛玉の度合いを確認します。

試験方法

JIS L 1076織物及び編物のピリング試験方法に基づいて試験を実施します。
試験方法はJIS法(A~H法)、ISO法(I,J法)と試験条件によって分かれます。一般的にはA法がよく用いられます。
A法(ICI形試験機を用いる方法)は100mm×120mmの試験片をたて方向及びよこ方向にそれぞれ2枚採取し、ゴム管に巻きつけ、試験片が重ならないよう縫い糸で縫い付けます。ゴム管に巻いた試験片を4個1組として試験機の回転箱に入れ、通常、織物の場合は10時間、編物の場合は5時間操作します。

ゴム管に巻いた試験片

ゴム管に巻いた試験片

コルク板を内張りした回転箱内部

コルク板を内張りした回転箱内部

ICI形試験機

ICI形試験機

試験風景(動画)

試験結果・評価方法

試験片に付着したコルクくずや、試験片につながっていない毛玉は落とします。
試験片とピリング判定標準写真とを比較し等級を判定します。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら