品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

スナッグ

試験の説明

引っ掛けによって織糸又は編糸が生地表面から突出し、引きつれなどを起こす度合いを評価する試験です。

用途

生地の品質管理項目として、初期の引きつれの度合いを確認します。
また、苦情試験の再現試験に使用しています。

試験方法

JIS L 1058織物及び編物のスナッグ試験方法に基づいて試験を実施します。
試験方法はJIS法(A~D法)と試験条件によって分かれます。
一般的にA法やD法が多く使用されているため下記の試験3点を紹介いたします。
A法:ICI形メース試験機法(下記の試験機を使用し、生地の表面に釘のついたスパイクボールを置き100回転させる方法。) 
D法:ICI型ピリング試験機法
D-1法(ダメージ棒を箱に取り付ける方法) 
D-4法(研磨紙を2枚取り付ける方法)
ICI型メース試験機

ICI型メース試験機

ICI型ピリング試験機

ICI型ピリング試験機

D-1法:ダメージ棒法

D-1法:ダメージ棒法

D-4法:研磨紙を貼る

D-4法:研磨紙を貼る

試験結果・評価方法

試験片とスナッグ判定標準写真とを比較し等級を判定します。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら