品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

引裂強さ

試験の説明

生地のたて方向またはよこ方向に引裂いたときの強さを調べます。

用途

生地の品質管理項目として、生地の強さを確認します。

試験方法

試験方法は試験の条件によってA,B,C,D法(JIS法)とE,F法(ISO法)に分かれており、一般的にはD法がよく用いられます。

D法(ペンジュラム法)

  1. 63㎜×100㎜の試験片をたて方向およびよこ方向に各々5枚採取します。

    試験片(試験前)

  2. 試験片をエレメンドルフ形引裂き試験機にセットします。

    エレメンドルフ形引裂き試験機

    試験片セット

  3. 試験片の両つかみの中央に20㎜の切目を入れて引裂き、残りの43㎜が引裂かれたときに示す力(N)を測定します。

    切込みを入れる

    引裂き(開始)

    引裂き(終了)

    試験片(試験後)

※JIS L 1096 織物及び編物の生地試験方法に基づいて試験を実施します。

試験結果

測定値について、たて、よこ方向それぞれ5回の平均値を有効数字3桁に丸めて算出し、N(ニュートン)で表します。
※たて方向とはたて糸の強度を言い、よこ方向とはよこ糸の強度を言います。
※1N= 約0.101kgfです。

評価基準

一般的な目安として、外衣類用で10N以上、中衣類及び下着類用で7N以上とされています。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら