品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

引張強さ、伸び

試験の説明

生地のたて方向またはよこ方向への引張りに対する強さや伸びを調べます。

用途

一般的に織物生地の品質管理として、初期の生地の強さを確認します。

試験方法

試験方法は試験の条件によってA,B,C,D法(JIS法)とE,F法(ISO法)に分かれており、一般的にはA法がよく用いられます。

A法(ストリップ法)

  1. 幅55㎜×長さ300㎜の試験片を、たて方向およびよこ方向に各々3枚採取します。
  2. 試験片の両側からほぼ同数の糸を取り除いて幅50㎜に調整します。
  3. つかみ間隔200㎜で引張試験機にセットし、一定の速度で引張り、破断した時の最大荷重および伸びを測定します。

※JIS L 1096 織物及び編物の生地試験方法に基づいて試験を実施します。

試験結果

引張強さおよび伸びの測定値について、たて、よこそれぞれ3回の平均値を有効数字3桁に丸めて算出し、N(ニュートン)で表します。
※1N=約0.101kgfです。

評価基準

一般的な目安として、厚手の生地(200g/m2以上)で200N以上、薄手の生地(200g/m2未満)で150N以上とされています。

写真:測定風景

試験のお申込み・お問い合わせはこちら