品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

摩耗強さ

試験の説明

生地の摩耗強さを調べます。
生地の品質管理項目として、初期の生地の強さを確認します。

試験方法

JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法に基づいて試験を実施します。
試験方法はJIS法(A,B,C,D,E,F法)と試験条件によって分かれており、一般的にはE法がよく用いられます。
E法(マーチンデール法)は主に組成が毛の織物、編物に適用されます。
直径38㎜の試験片を採取し、マーチンデール摩耗試験機の試料ホルダに取り付けます。標準摩擦布を取り付けた摩擦台の上に載せて、押圧荷重を加えて、多方向に摩擦します。

試験機写真

写真:試験機写真

測定風景(動画)

試験風景-拡大(動画)

試験結果・評価方法

織物の場合は2本以上の糸が切れたとき、編地の場合は摩耗して孔があいたときを終了とします。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら