品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

防しわ性(実用しわ付け試験<大丸法>)

試験説明

実際に着用し膝や肘を曲げた時を想定して、試験を行います。
製品を毀損せずに行うこともできます。

用途

しわになりやすいかどうか、また回復性があるかどうかを見ます。

試験方法

標準状態 (20℃,65%RH)の条件で布製円筒に試料を縫付けて、加圧装置に2つ折りにして取り付ける。
2時間放置した後、取り外す。

写真1:試料を取り付けた布製円筒

写真1:試料を取り付けた布製円筒

写真2:試験の様子

写真2:試験の様子

試験結果・評価方法

試験直後(しわになりやすさ)および24時間吊るした状態で放置した後の状態(回復性)を判定標準写真と比較して判定する。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら