品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

イムノクロマト法

食品に含まれるアレルゲン(卵、乳、小麦、落花生、そば、えび、かに)の有無をイムノクロマト法(簡易法)で検査します。※公定法とは異なります。
(「えび」、「かに」については「甲殻類」としてのご報告になります。)

試験方法

  1. 検体を均一に粉砕し、試験液を加えて抽出操作を行います。

  2. 調整した試料溶液を試験紙に滴下し、陽性か陰性かを判定します。

試験結果・評価方法

陽性か、陰性かで判断します。アレルギー表示に記載されていないアレルゲンが検出された場合、表示漏れや、製造ラインでのコンタミネーション等を疑ってください。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら