品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

会社案内Company Profile

会社概要

商号 株式会社消費科学研究所
設立 1986年4月11日
事業内容 商品試験・衛生点検・品質管理全般に関するコンサルティング
取締役社長 冨士川 直樹

沿革

1927年 株式会社大丸大阪店(現心斎橋店)に染色試験室・衛生試験室を開設。
1933年 本部商品課商品試験所となる。
1934年 JISのなかった当時、大丸実用標準規格第1号を制定。
その後、大丸標準規格が広くアパレル業界から、関心を集める。
1968年 社則「品質管理規定」を制定。
1974年 大丸消費科学研究所と改称。
大丸各店に消費生活相談コーナーを開設。
1976年 業界に先駆けて「デメリットおよび取扱注意表示」を実施。
1986年 株式会社消費科学研究所として独立。
1988年 「くらしのさいえんす」第1号を発行。
1994年 大阪研究所を大阪南港のアジア太平洋トレードセンター(ATC)に移転。
1996年 「お客様相談システム」のオンライン稼働。
1997年 「くらしのさいえんす」が、消費者問題神戸会議の神戸賞・奨励賞を受賞。
1998年 国際規格「ISO9002」認証を取得。
1999年 国際規格「ISO14001」認証を取得。
2001年 国際規格「ISO9002」から「ISO9001」に移行。
2003年 大丸札幌店に消費生活相談コーナーを開設。
2007年 大丸と松坂屋の経営統合に伴い、松坂屋ホールディングスの品質コンサルティング業務を開始。
2008年 JFRグループのグループ企業となる。
名古屋試験室を松坂屋北館に開設。
博多大丸 福岡天神店の消費生活相談コーナーにコンサルタントを派遣。
2009年 松坂屋名古屋店、上野店、静岡店に消費生活相談コーナーを開設。
2010年 東京研究所を東京都荒川区に移転。
2012年 大阪研究所を大阪市西区江戸堀に移転。
試験のお申込み・お問い合わせはこちら