品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

会社案内Company Profile

品質・環境方針

経営理念

当社は、J.フロントリテイリンググループの基本理念「私たちは、時代の変化に即応した高質な商品・サービスを提供し、お客様の期待を超えるご満足の実現を目指します。私たちは、公正で信頼される企業として、広く社会への貢献を通じてグループの発展を目指します。」に基づき、継続可能な事業活動の推進を目指している。
このグループ理念のもとに、当社は、消費者と企業、企業と企業間のより良い信頼関係の構築と望まれる成果のために、商品の品質管理上の課題をトータルにサポートし、社会における企業のコンプライアンス経営を支援することを、当社の経営理念とします。

品質・環境統合方針

当社は、グローバリゼーション、環境問題といった現代社会が呈する諸問題にも柔軟に対応しながら、流通業の研究所として90年間養ってきたノウハウを「消費者/企業/地球環境」の調和のとれた ものづくり/環境づくりに活かすことによって、クライアント企業の品質管理の向上に寄与し、社会への貢献をいたします。

  1. 顧客満足の向上に役立つ製品づくりに取組みます。
  2. 顧客満足に繋がるサービス業務の充実に努めます。
  3. 事業活動に当たっては、品質向上と環境汚染の予防に努めるとともに、品質及び環境関連の法令、条例、協定などを遵守し、クライアント企業に対しても、品質と環境問題への啓発に努めます。
  4. 当社の企業価値の維持、高揚のため、統合マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

行動指針

Everyday One More Science for Client

当社は、品質・環境統合方針を受け、コアコンピタンスとアカデミック性の維持向上を図ります。そのために全社目標として「重要クレームゼロ」を掲げたうえで、次の事項を守ります。

  1. 品質と環境の調和のとれた目標を設定し、その目標達成を果します。
  2. 製品(報告書)は、正確な内容で、わかりやすい文章で作成します。
  3. 顧客の検査・試験・評価業務に対する要求事項を事前に十分確認します。
  4. 検査・試験・評価業務は、手順や資源を有効に活用し、計画的に行います。
  5. 検査・試験・評価業務のレベルアップのため、自己研鑽に努めると共に、新技術の導入に取組みます。

この品質・環境統合方針は、社内掲示し、従業員と関係者に周知します。また、当社のHP(ホームページ)に掲載し、利害関係者に公開します。

2017年9月1日
株式会社消費科学研究所
取締役社長 冨士川直樹

 

試験のお申込み・お問い合わせはこちら