品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

中棒の曲げ強度

試験の説明

傘の中棒が容易に曲がらないかどうかを調べます。
(ただし、折りたたみがさ及びスライドショート長がさを除く)
日本洋傘振興協議会(JUPA)が定めるJUPA基準(洋傘のJIS規格)試験の1つです。

試験方法

  1. 試料を閉じた状態(※止めひもを外した状態)で試料を水平にして、下はじきの溝が横向きの状態で手元を固定し、基点(例えば、床)からの高さを1mmまで測定します。
    また、ジャンプ式かさについては、安全機構を解除した状態とする。
  2. 石突きの先端部に1.5 kgのおもりを静かにつるし1分間保持します。
    (※学童用かさについては2 kgのおもりとします。)
  3. おもりを除去し、石突きの先端部の高さを①と同様に測定し、さらに各部にき裂、破損、使用上支障がある緩み、変形などの有無を目視によって調べます。
  4. 試料のかさ生地及び親骨を取り去って同様に固定し荷重を加え、5分のLまでたわませ1分間保持した後、破断の有無を目視によって調べます。

結果のみかた

  1. 残留たわみは、中棒の手元取付部から石突き負荷部までの長さの10分の1以下であり、かつ、各部にき裂、破損、使用上支障がある緩み、変形などがないこと。
  2. 石突きの先端部に荷重を加え、中棒の手元取付部から石突きの先端部までの距離の5分の1までたわませたとき、中棒が破断しないこと。

用途

傘の品質基準確認

試験のお申込み・お問い合わせはこちら