品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

中棒と手元又は飾り手元の取付強度

試験の説明

傘の中棒と手元が容易に外れないかどうかを調べます。
日本洋傘振興協議会(JUPA)が定めるJUPA基準(洋傘のJIS規格)試験の1つです。

試験方法

中棒と手元の取付強度の試験は、手元の抜け方向に次の静荷重を加え、1分間保持した後、中棒、手元又は飾り手元のき裂、緩み、抜けなどの異常の有無を目視によって調べます。
 ・長がさの場合:
   手開き式  540N
   ジャンプ式 600N
 ・折りたたみがさの場合:
   手開き式  350N(※飾り手元は 200N)
   ジャンプ式 600N
 
(飾り手元とは、手元部が小さく、それ自身手元の機能を果たさず、主たる握り部分が中棒であるもののこと。)

結果のみかた

き裂、緩み、抜けなどの使用上支障となる異常がないこと。

用途

傘の品質基準確認

試験のお申込み・お問い合わせはこちら