品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

ガラスコップ ―熱衝撃強さ―

説明

ガラスコップに急激な温度変化を与えたときに割れないかどうかを調べる試験です。

試験項目

JIS S 2043:2001 ガラスコップ5.2熱衝撃強さ

試験方法

水槽を2つ用意し、水槽中の水の温度差を35℃±2℃になるように調整しておきます。
試験品を高温側に5分間浸した後に速やかに低温側に浸したときに、割れないかどうか調べます。

 

試験結果・評価方法

割れないこと。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら