品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

耐熱ガラス製食器 ―熱衝撃―

説明

耐熱ガラス製食器に急激な温度変化を与えたときに割れないかどうかを調べる試験です。

試験項目

JIS S 2030耐熱ガラス製食器 3.3熱衝撃強さ

試験方法

試験する商品を試験温度差を満足する温度に調整した恒温槽に入れて、30分保持した後、速やかに冷水に1分間浸した時にひびや割れがないかどうか調べます。

 

区分 試験温度差
直火用(直接火炎に当てて加熱調理するもの) 150度差
天火用(オーブンなど直接火炎にあてない方法での加熱調理に使用するもの) 120度差
熱湯用 120度差

 

評価方法・基準

ひびや割れがないこと。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら