品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

耐熱試験・耐冷試験

説明

シリコーンゴム等の合成ゴム製のキッチン用品(容器やヘラ等)がどれくらいの温度まで耐えられるかを調べる試験です。

試験方法

一定の温度に調整した恒温槽に試験品を入れて1時間放置した後、常温で放冷し、試験品に機能の異常や著しい変形がないかを確認します。
弊社では-40℃~300℃の範囲で試験が可能です。

関連規格:JIS S 2029 プラスチック製食器類

試験品

写真:試験品

恒温槽

写真:恒温槽

評価方法・基準

試験後の試験品の変形や色ツヤの変化、臭いの変化などを確認し、異常がないかを総合的に判断します。
耐熱試験によって試験品に異常がみられた温度の-10℃が商品の耐熱温度、耐冷試験によって試験品に異常がみられた温度の+10℃が耐冷温度となります。

用途

家庭用品品質表示法に基づく品質表示

試験のお申込み・お問い合わせはこちら