品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

取っ手の強度試験、繰返し強度試験

説明

フライパンや片手鍋、両手鍋などの取っ手が簡単にがたついたり、取れたりしないかを確認する試験です。

試験方法

  1. 取っ手の強度
    鍋の持ち手の真ん中に一定の荷重を1分間加えた後、がたつきや漏れなどの有無を確認し、取っ手のたわみ量を測定します。
  2. 取っ手の繰返し強度
    鍋の持ち手の真ん中に一定の荷重を毎分40~50回の速さで10,000回繰返し加えた後、がたつきや漏れなどの有無を確認し、取っ手のたわみ量を測定します。

 

関連規格:JIS S 2010 アルミニウム製加熱調理器具

 

写真1. 繰返し試験機

写真1. 繰返し試験機

写真2. たわみ測定

写真2. たわみ測定

評価方法・基準

  1. 取っ手の強度
    亀裂、破損、変形、がたつき、漏れなどがなく、残留たわみが2%以下であることを確認します。
  2. 取っ手の繰返し強度
    亀裂、破損、変形、がたつき、漏れなどがなく、残留たわみが3%以下であることを確認します。

用途

鍋類の品質確認

試験のお申込み・お問い合わせはこちら