品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

耐衝撃性

説明

魔法瓶を床や地面に落としたり、持ち運び時に硬いものにぶつけてしまった時のことを想定した、簡単に壊れないかどうかを確認する試験です。

試験方法及び評価方法・基準

耐衝撃性試験には「落下衝撃」と「振子衝撃」の2つがあり、下表のように魔法瓶の種類や用途によって行う試験が異なります。

 

落下衝撃・・・ 魔法瓶に水を満量入れて蓋をし、一定の高さから硬い木板に落下させ、異常がないかを確認します。

 

振子衝撃・・・ 下げ紐付きの携帯用魔法瓶が対象。紐の長さを40cmにして45度の位置に持ち上げ、振り子の要領で硬い木板に衝突させ、異常がないかを確認します。

 

<試験項目と評価基準>

魔法瓶の種類 用途 項目 落下高さ 評価基準
ガラス製 卓上用 落下衝撃 10 cm 中瓶に異常がないこと。
ステンレス鋼製 卓上用 落下衝撃 10 cm 漏れ、亀裂、破損などの使用上有害な欠点がなく、『保温効力』の試験に適合すること。
携帯用 落下衝撃 40 cm
振子衝撃
(下げ紐付き)

 

関連規格:JIS S 2006 まほうびん

用途

魔法瓶の品質確認

試験のお申込み・お問い合わせはこちら