品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

中栓の臭気及び内容湯の味

試験の説明

主にプラスチック製の中栓からの臭い(風味)移りがないかどうかを確認する試験です。

試験方法

前もって十分に洗浄した魔法瓶に95℃の熱湯を満量入れて栓をし、30分間放置する。
その後、開栓して試験員5名が中栓の臭いと内容湯の味を確認する。

試験方法

 

関連規格:JIS S 2006 まほうびん

評価方法・基準

5名中3名以上が臭気及び味を感じないことを確認します。

用途

魔法瓶の品質確認

試験のお申込み・お問い合わせはこちら