品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

ペット用食器 (合成樹脂製) -重金属溶出量-

説明

ペット用食器からペットフードへの有害金属の混入を防止するために、合成樹脂製のペット用食器の食品が接する部分について試験を行います。

 

試験方法

食品の接する部分を酢酸溶液に浸し、重金属を溶出させます。
次に、この溶液と比較標準液にそれぞれ反応試薬を加え、比較標準液と比べて試験溶液の呈色の程度を比較します。

 

関連規格:食品衛生法 合成樹脂製の器具・容器包装の溶出試験

評価方法・基準

一般社団法人日本ペット用品工業会では重金属について基準が定められており、基準を満たす場合は、下記の表記を表示することが出来ます。

 

『本製品は、一般社団法人日本ペット用品工業会の推奨する安全性能基準(重金属)を満たしています。』

 
 
 
ペット用品統一表示ガイドライン

用途

ペット用食器の安全性の確認

試験のお申込み・お問い合わせはこちら