品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

ヒートシール強度

ポリ袋のヒートシール強度試験は、ポリ袋の底等に見られる熱圧着された箇所(ヒートシール部)について、引張強度を求めます。ご依頼者様への納品時にヒートシール部について要求された引張強度があるかどうかを確認したり、新商品作成時に既存の商品と比較するために、強度を確認します。

試験項目

JIS Z 1711 包装用ポリエチレンフィルム 8.4ヒートシール強度による

試験方法

  1. 試験品のヒートシール部を直角に短冊状に切り取る(幅15mm)
  2. 試験片のヒートシール部が中央にくるように180度に開いて試験速度500mm/minで引張り、ヒートシール部が破断する最大荷重を求めます。

試験結果・評価方法

取引先様の基準値やJISの基準値、既存の製品と比較し試験品の引張強度を確認します。

JIS Z 1711 表8 ヒートシールの強さ

単位N{kgf}

呼び厚さ
(mm)
平シール部 ガセットシール部
1種A 1種B 2種B 2種B
0.010 3.92{0.40}以上 7.06{0.72}以上
0.015 5.88{0.60}以上 10.59{1.08}以上
0.020 3.14{0.32}以上 4.51{0.46}以上 7.85{0.80}以上 14.12{1.44}以上
0.025 3.92{0.40}以上 5.69{0.58}以上 9.81{1.00}以上 17.65{1.80}以上
0.030 4.71{0.48}以上 6.86{0.70}以上 11.77{1.20}以上 21.18{2.16}以上
0.035 5.49{0.56}以上 7.94{0.81}以上 13.73{1.40}以上 24.71{2.52}以上
0.040 6.27{0.64}以上 9.02{0.92}以上
0.045 7.06{0.72}以上 10.20{1.04}以上
0.050 7.84{0.80}以上 11.28{1.15}以上

備考 表中の1種A、1種B及び2種Bは、JIS Z 1702に規定する材料の種類を示す。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら