品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

耐荷重試験(静止荷重・繰返し荷重)

紙袋(ポリ袋)が品質を満たしているかを確認するための試験です。

試験方法

静止荷重

試験品におもりを入れて持ち手を持ち上げて吊るし、一定時間放置した後の試験品の状態を調べます。

試験風景(静止荷重)

試験風景(静止荷重)

繰返し荷重

試験品におもりを入れ、約50回/分の速さで繰返し持ち手を持ち上げて下ろす動作を行った後、試験品の状態を調べます。

試験風景(繰返し荷重)

試験風景(繰返し荷重)

試験結果・評価方法

容易に破損しないだけの強度があるかを確認します。また、取引先様の基準値や既存製品と比較し、試験品の耐荷重を確認します。

 

試験条件(試験荷重、繰返し回数)についてはお打合わせの上、確定します。

※ポリ袋についても同様に取引先様とご相談の上、試験を実施します。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら