品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

経表皮水分蒸散量(TEWL)測定試験

経表皮水分蒸散量(TEWL)測定試験は、皮膚から蒸散していく「水分量」を測定する試験です。化粧品では化粧品使用前後の肌で測定を行い、蒸散量の値を比較します。基礎化粧品など、お肌のコンディションを整える化粧品の評価に用います。

試験方法(連用試験の例)

  1. 試験を始める前にモニター(評価者)のTEWLを測定します。
  2. モニターが一定期間(数週間~)化粧品を使用します。
  3. 化粧品の一定期間使用後に再びモニターのTEWLを測定します。

試験結果・評価方法

単位(g/㎡h)で値を出します。
正常な状態のお肌では水分の蒸散はわずかですが、肌荒れなどを起こしているときはその量が多くなります。
お肌のバリア機能を評価する指標にも用いられます。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら