品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

縫目強度

試験の説明

胴と底、胴とマチ、胴とポケット等の縫目部分について、JIS L 1093 繊維製品の縫目強さ試験方法(グラブ法)に準じて試験を行ない、縫目強度を測定します。

試験方法

JIS L 1093 繊維製品の縫目強さ試験方法(グラブ法)準拠

試験方法

 

但し、つかみ間隔を6cmとし、縫目がつかみ間の中央になるようにします。
引張速度10cm/minで実施します。
 
試験は

  1. 縫目で縫い糸が切れる
  2. 縫目で胴部生地が破れる
  3. 縫目で胴部生地が滑脱する

 
上記①~③のように使用上支障のある変形・破損が起こるまで引張り縫目強度を測定します。

試験のお申込み・お問い合わせはこちら