品質管理・衛生管理のトータルソリューションカンパニー

試験・サービスのご案内Service

材質確認

材質確認試験は、合成樹脂の種類を調べます。主に食事用、食卓用または台所用の器具や洗面器、たらい等の浴室用の器具については、家庭用品品質表示法で原料樹脂の種類を記載する義務があり、材質表示のために確認します。また、その他の商品でも材質表示は重要な製品情報の1つです。

試験方法

赤外分光光度計を用いて、原料樹脂の種類を特定します。

赤外分光光度計

赤外分光光度計

試験結果・評価方法

赤外分光光度計で測定すると、特性吸収スペクトルと呼ばれるピークが樹脂を構成する分子の結合によって異なるため、樹脂の種類を特定することができます。 測定の結果、この素材はポリプロピレンと特定しました。

赤外分光光度計 測定結果
試験のお申込み・お問い合わせはこちら